• フォトギャラリー
  • リンク

見どころ

今月の見どころ(月間)

7月の見どころ

花と実

果樹園

 

ブルーベリー 実 青く色づいた果実が鈴なりです。そのため、鳥から実を守るためにブルーベリー園は防鳥ネットで武装中。*収穫時期には収穫体験もあります。 ブルーベリー
モモ 実 7月から8月上旬にかけて16種類のモモを収穫します。袋の中からうっすら色づいたモモが見え隠れしています。 モモ
ブドウ 実 早生のデラウェア・スチューベンを7月下旬頃から収穫します。今は何百袋もの白い袋がぶら下がっており、その中にブドウが入っています。これは病気やムシ、鳥から実を守る「袋かけ」という作業を行ったためです。 ブドウ

世界の熱帯果樹温室

パンノキ 実 タンパク質とデンプンが豊富なパンノキの実。原産地の太平洋諸島では主食として食べられてきました。 パンノキ (2)
コパラミツ 実 世界最大の果実のパラミツより小ぶりなため、コパラミツと呼ばれています。パラミツよりもおいしく、パイナップルのような味がします。 IMG_3757
アメダマノキ 実 英名は「スターベリー」。かわいいあめ玉のような果実がたくさんついています。 アメダマノキ
ココヤシ 実 大温室の中央を見上げると、ココヤシの実を見ることができます。 ココヤシ
バナナ 花 実 大きな赤い苞は「バナナハート」ともよばれ、その中にクリーム色の花があります。花を咲かせながら垂れ下がり、一番最初に開花したところにはすでに実が付いています。 バナナ
レンブ 実 鈴のような形の果実をつけます。別名「ワックスアップル」と呼ばれていて、ワックスがかかったようなツヤのある表面が特徴です。 レンブ
ミラクルフルーツ 花実 この実を口に含み、レモンを食べると甘いレモンに変わるフルーツ。白い数ミリ程度の小さな花と1センチ程度の赤い果実を見ることができます。 2010.1.9ミラクルフルーツ (7)ミラクルフルーツ
バニラ 実 人工授粉により実をつけます。収穫までには6か月ほどかかります。バニラビーンズになるには、更に4か月は必要です。 バニラ 実
ヒョウタンノキ 花実 緑色のスイカのような丸い実が幹から直接ぶらさがっています。 ヒョウタンノキ
オオミノトケイソウ 実 クダモノトケイソウ…いわゆる「パッションフルーツ」と同じ仲間のオオミノトケイソウ。クダモノトケイソウの中で一番大きな実をつけます。因みにクダモノトケイソウは野球ボール大の大きさですが、こちらは手のひらよりも大きくなりなります。 オオミノトケイソウ

世界の熱帯果樹温室(草花)

パキスタキス・ルテア 花 黄色い花穂は葉の変化した苞と呼ばれるもので、花は白色で法の間から突き出ます。 パキスタキス・ルテア
ミッキーマウスノキ 実 熟すと黒くなるミッキーマウスノキの実。隣同士に実を付ける姿は、ミッキーマウスのように見える…? ミッキーマウスノキ (実)

園路

ハス 花 湿地園にある池を覆うようにハスが咲いています。水面から高く伸びる花が特徴。また、「立ち葉」と呼ばれる、空高く伸びる丸い葉は、水をはじきます。逆にスイレンは花は水面付近で、「立ち葉」はなく、切れ込みが入っています。ちなみに水もはじきません。 ハス (3)
キキョウ 花 花づくりボランティア花壇やロックガーデンで咲いています。爽やかなブルーが美しいキキョウ。白品種も近くに植栽されています。つぼみは小さな風船のように見え、花が咲く前から楽しませてくれます。 キキョウ (1)

東谷山フルーツパーク 公式twitter

ページ上部へ

名古屋市東谷山 フルーツパーク みどりの協会
名古屋市東谷山 フルーツパーク

開演時間は午前9時から午後4時半 休園日は毎週月曜日と年末年始(12月29日から1月3日) 入園料と駐車場は無料

City of Nagoya(English)