• フォトギャラリー
  • リンク

イベント

果樹園芸相談

パイナップルの育て方

Q: 店で売っているパイナップルから苗を育てて、実をならすことができると聞きましたが、その方法を教えてください。

A:【植付の適期】
6月から8月(温度が高い時期)
【苗の作り方】
①パイナップルの葉のついた頭の部分(冠芽・クラウンと呼びます)を果肉を2~3cmつけて切り取ります。(写真1)
②切り取った基部の部分の下葉を5~6枚はがし、果肉の周辺をそぎ落として、2~3日陰干しにして、切口を乾かします。(写真2)
③切口が乾いたら、5号鉢程度の大きさの素焼きの鉢に差し芽をします。(写真3)
④充分に水をやってなじませ、明るい日陰で1カ月程度管理をします。その後、日当たりで通常の管理を行います。
⑤温度にもよりますが、1~2カ月で発根します。発根したら春から秋まで2カ月に1回の割合いで市販の固形肥料を置肥します。
⑥根が詰まってきたら、一回り大きな鉢に植え替え(2~3年に1回程度)します。実をつけるためには8号鉢程度の大きさが必要です。
⑦用土は、赤玉土6、腐葉土2、川砂2程度の割合のもを使います。
【育て方】
(置き場)冬は室内に入れ、窓越しの光に当て、春から秋は戸外の直接日光に当てます。
(温度)5~6℃あれば越冬しますが、生育するのは春から秋までで、冬は休眠します。
(水やり)冬は鉢土の表面が乾いたら、夏は毎日やります。
(肥料)生育期間中(5~9月)は、2カ月に1回、市販の固形肥料(油粕3:骨粉1の固形肥料、または緩効性の化成肥料)を置肥します。
(収穫)実を付けるまで3~4年かかります。

パイナップル

東谷山フルーツパーク 公式twitter

ページ上部へ

名古屋市東谷山 フルーツパーク みどりの協会
名古屋市東谷山 フルーツパーク

開演時間は午前9時から午後4時半 休園日は毎週月曜日と年末年始(12月29日から1月3日) 入園料と駐車場は無料

City of Nagoya(English)