• フォトギャラリー
  • リンク

くだものについて

くだものの話

ジャボチカバ

ジャボチカバ
今回は、めずらしい熱帯の果物の紹介をします。

世界の熱帯果樹温室の入口を入ってすぐ左手に、「ジャボチカバ」の木があります。
「ジャボチカバ」は、南米のブラジル中南部-パラグアイに分布するフトモモ科の常緑果樹で、別名「ブドウノキ」とも呼ばれます。

写真のように、小さな黒い果実を幹にたくさんつけるのが特徴です。熱帯・亜熱帯地方の果樹では、このように幹や太い枝に直接果実をつける「幹生果」が多く見られ、このほか、「パラミツ」「ヒョウタンノキ」「カカオ」なども同じ仲間です。

果実は白色で芳香があり、そのままでもおいしく食べられるほか、お酒の原料としても使われます。

東谷山フルーツパーク 公式twitter

ページ上部へ

名古屋市東谷山 フルーツパーク みどりの協会
名古屋市東谷山 フルーツパーク

開演時間は午前9時から午後4時半 休園日は毎週月曜日と年末年始(12月29日から1月3日) 入園料と駐車場は無料

City of Nagoya(English)