• フォトギャラリー
  • リンク

くだものについて

くだものの話

春の果樹園

1月から咲いていたビワの花が3月には小さな実になります。
3月下旬からはスモモ、アンズと咲き始め、4月にはモモ、ナシ、リンゴが次々に開花。
シダレザクラと一緒に見られる4月中旬は最高の花景色になります。

園内の情景が日に日に変わる春。
とにかく「きれいだね~~」と、心がゆるみます。

ビワの花 1~3月

  • 01

1月から少しずつ咲いていたビワの花。桜餅のような甘~くて独特の香りがします。 暖かい日には香りに誘われてミツバチがたくさんやってきます。 ビワの花の蜂蜜は花と同じしっかりした香りがして、濃い目に入れたセイロンアイスティーに入れると 互いの香りが引き立つ感じです。
3月上旬には小さな毛だらけの実がつき始めています。

ナシの花 4月

  • 02_1
  • 02_2
  • 02_3

(左) ナシ「南水」の花。おしべの先はきれいなピンク色です。 おしべって黄色いものだと思い込んでいました。びっくり!
(中・右) 4月中旬ナシの芽たたき作業中。
花芽が若いうちに指で押さえると、ポキッと折れます。実にするための花を残します。

モモの花 4月

  • 03_1
  • 03_2

3月上旬、小さな芽がふくらんでいます。
長い枝の先や、枝の上向きについた花芽を摘んで4月の摘花作業がしやすいようにします。

  • 03_3
  • 03_4

モモ「米倉金桃」の花。4月中旬には摘花作業をします。
花数を減らして、実になる花に栄養がまわるようにします。

スモモの花 3月下旬~4月

  • 04_1
  • 04_2
  • 04_3

(左) スモモの花
(中) スモモの授粉作業中。相性のいい品種の木の間をいったりきたり。
(右) 棒の先にはこんなものが付いてます。

東谷山フルーツパーク 公式twitter

ページ上部へ

名古屋市東谷山 フルーツパーク みどりの協会
名古屋市東谷山 フルーツパーク

開演時間は午前9時から午後4時半 休園日は毎週月曜日と年末年始(12月29日から1月3日) 入園料と駐車場は無料

City of Nagoya(English)