• フォトギャラリー
  • リンク

イベント

果樹園芸相談

ミカンのサビダニの防除方法

Q: ミカンの収穫時期が近づく頃、果実の表面が黒褐色になり、味も悪くなるのはどうしてでしょうか。

A:ミカンが色づき始める頃から、果皮が褐色から黒褐色(写真)になるのは、サビダニの被害です。ひどくなると果皮の油胞が潰れてザラザラの果面になり、外観や味が非常に悪くなります。黒点病とまぎらわしい症状もあり、なれないと判別しにくいこともあります。
【サビダニの発生経過】
非常に小さなダニで、肉眼では見つけることが困難であり、果皮の変色に気づいた時は、すでに多発生期を過ぎています。冬は成虫で芽の間隙にひそみ、暖かくなると活動を始め、夏期を中心に年10回以上の世代交代を繰り返します。(高温乾燥期に多発します)

※防除期と使用薬剤事例
〇越冬期(12月/下旬~1月)…………マシン油乳剤30~45倍液
〇夏    期(6月/中旬)………………ジマンダイセン水和剤1000倍液
〇夏    期(7月/下旬・9月/上旬)…………ダニカット乳剤1000~1500倍液

 

ミカンのサビダニ

東谷山フルーツパーク 公式twitter

ページ上部へ

名古屋市東谷山 フルーツパーク みどりの協会
名古屋市東谷山 フルーツパーク

開演時間は午前9時から午後4時半 休園日は毎週月曜日と年末年始(12月29日から1月3日) 入園料と駐車場は無料

City of Nagoya(English)